酔いどれ介護者の減塩食日記

月末に駆け込みで記事を更新する、夏休みの小学生みたいなブログです。

この10年間、うなぎを食べたのより救急車に乗った回数の方が多いかもしれない

滅多に出さないから、母に中国産かと聞かれた。国産は値が張るし、塩分制限もあったから、最近は特別な機会にしか食べない。1年前の父の法事のときが最後だったか。

そのときに目を疑うような出来事があった。精進落しで入った和食のファミレスでのこと。妹夫婦らと親父の思い出話をしながら、前菜のサラダやお吸い物を味わう。やがて、運ばれてきたメインディッシュ。

親父が好きだった。昔、地元の老舗店によく連れて行ってくれた。偏食のひどい子供だったのに、肝串なんかは平気で食べた。以来、うなぎは好物だ。重のふたを開ける。義兄と俺のには、白いご飯しか入っていなかった。一同、爆笑。忙しいランチどきとはいえ、こんな初歩的なミスをするとは。

それに比べたら、今、目の前にしているのは正真正銘のうなぎだと言いたいところだが・・・。

続きを読む

鶏肉のトマト煮~完熟トマトソースを使って未熟な料理を作る><

別にそんなにこだわっているわけではないが、食べ物は賞味期限内に平らげたい。気がつくと固形コンソメが冷蔵庫にいっぱい残っていた。こういう調味料もなかなか使い切れない。

商品モニターのトマトソースが届いた。減塩タイプの食塩、冷凍鍋焼きうどんに続く当選。できれば万馬券皐月賞を当てたかった。相変わらず一攫千金とは縁がない。でも、別口でちょこっと穴埋めができたのだから、感謝の意を込めて、鶏肉のトマト煮を作ろう。

続きを読む

桜えびとちりめんじゃこのチャーハン~桜は散って、薄汚れた猫がぽつんといた

あれからもう10日以上経っている。おまけに風の強い日が続いた。だから、驚くには当たらない。でも、あの絢爛たる光景がすっかり消えているのを目の当たりにすると不思議な感じがした。

久しぶりの、運動がてらの自転車散歩。また、多摩川に沿って進み、根川緑道まで走った。桜は咲いていなかった。散り落ちたはずの花びらもなかった。花の散った桜の木をまじまじと見たのは初めてだった。

続きを読む

冷やし中華、始めました~夏の恋人を待ちきれずに

記録によれば、最後に会ったのは去年の9月26日だ。それから半年以上経った。この季節だから仕方ないが、昨日今日の朝晩は寒かった。でも、コンビニの陳列棚にはもう並んでいる。

陽の光に冬の色がなくなると、無性に食べたくなる。最後の彼女は「マルちゃん正麺」だった。自分でたれを作ったことはないかもしれない。ならば、自分から出向こう。手作りのたれに挑戦してみた。

続きを読む

ぶりの照り焼き~電子レンジを使い倒す・その6、いや彼の話

まだ始まったばかりだ。評価するのは早い。何しろ超一流の選手たちが競う場だ。日本の一流の多くは敗走した。期待にこたえられたのはごくわずかだ。だが、彼は違うかもしれない。あの悠揚として迫らない態度がそう感じさせる。

海を渡った二刀流が鮮烈なデビューを飾った。投手として初先発初勝利を上げ、翌々日には打者としてホームランを放つ。開幕前の不安の声を涼しい顔で一蹴した。報道にはベーブ・ルースの再来という言葉が踊った。痛快しごくだが、果たしてどこまでできるか。先日見たテレビの特集番組は、彼のことを可能性の逸材と呼んでいた。

続きを読む