読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードボイルド的減塩食介護日乗

減塩食レシピ作りで料理の修行中。介護の日常と非日常・・・タフでなければ介護はできない、優しくなければ介護をする資格がない。

塩肉じゃがと、人生

早いもので春分の日は過ぎ、あと1週間足らずで3月も終る。在宅介護を始めて4度目の冬も無事に越えようとしている。

父の足が象のそれのようにむくんだのは14年の春だった。訪問診療で世話になっている主治医の病院では対応できず、市内の総合病院に入院した。重いネフローゼ症候群だった。腎臓の専門医からは、前もって人工透析をするかしないかを決めておくようにと迫られた。失語症なので、本人の意思ははっきり確認できない。

続きを読む

WBC、和風ハンバーグ・・・もとい和風スラッガーの打球は失速した

第4回WBC準決勝。日本対米国戦。1点差のビハインドで向かえた8回裏、2死1、2塁。打席には筒香が立った。マウンドには右横手投げのニシェク(フィリーズ)。まさしく世界一奪還を目指す侍ジャパンの4番の真価が問われる場面だった。

日本人の誰もが打ってくれと願った。打ってくれると信じた。そして1ボール2ストライクから、内角高めのチェンジアップ。甘い。失投だ。筒香はバットを振った。1億2千万人が立ち上がり拳を突き上げた。行ったと思った。だが、打球は定位置からほとんど動かなかった右翼手のグラブに収まった。

続きを読む

電気屋の店頭で「鶏肉とわかめの辛味炒め」を料理する

ベッドの足元の棚に置かれたテレビに向かって、父が手をかざす。そのまま数十秒が経つ。何の変化も起こらない。その様子を見ていた母が「仕方なし」に声をかける。「お父さんは魔術師なのですか。テレビのリモコンを握ってないのだから、テレビはつきません!」

続きを読む

高野豆腐と桜えびの含め煮で、侍ジャパンと共にWBCを戦う

強化試合の惨憺たる結果から、これでは世界一奪還なんてとてもじゃないなとの不安のうちに始まったWBCだが、蓋を開けてびっくり。侍ジャパンはあれよあれよの破竹の6連勝で、決勝ラウンド進出を決めた。

15日の試合では、お化けフォークの千賀が好投して、4番・筒香が豪快な一発で打線に火をつけ、終わってみれば8対3の快勝。不気味だったイスラエルも倒した。小久保監督はベンチでいつも悲壮な表情を浮かべているが、選手起用や采配は冴えていた。

続きを読む

納豆やきそば、または納豆を食べて謎のトイレ行を防ごう!

昨日は、父はデイケア、母はきよしのコンサートで不在でした。ほんのひと時の気ままな一人暮らしです。そういう日の昼食は不健康なカップ麺で済ませます。いえいえ、そんなことはありません。なんてったって、納豆が入っています。

続きを読む