酔いどれ介護者の減塩食日記

料理、家庭菜園(近日開始)、クロスバイク、介護・・・与太話を交えて。

高熱の病床から雑煮と昆布の話

クラウディアに乗って初日の出を見に行こうと思っていた。それどころではなかった。元旦から風邪をひいた。前夜、ブログ記事を書いているときから、その兆しはあった。2日続けて、寒いガレージで古い油や酒や調味料と格闘したのが、体に響いたのだろう。 咳…

とんてき、そして穏やかに平成が暮れていく

今年の出来事を書く。 第5位 シンクの下を片付ける いきなり昨日今日の話だが、長年の懸案だった。築25年以上のこの家の台所を7年ほど前まで守っていた人は、ひどくずぼらだった。あるものを、確かめないでまた買ってくる。捨てられない。整理ができない。…

さば缶の焼きビビンバを食べながら、親父のことを思い出す

さば缶は父の生前からよく使っていた。もちろん、EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)が豊富に含まれ、血液の健康にいいことは知っていた。心筋梗塞や脳梗塞を患った者にとっても大切な栄養素だろう。 何よりもありがたかったのは、骨ま…

そばめしには、青のりがあっていいよなあ~という話

元々、神戸市長田区の料理であり、隣の区でさえ知らない人が多かった。 ■ 出典:そばめし - Wikipedia 「隣の区でさえ」というが面白い。一昔前に流行った。「冷凍食品が出て全国的に有名になった」とあるから、多分その頃のことだろうが、都内のどこかの店…

あごだし湯豆腐~初めてのあごだしで、あごを食い違える

近所のスーパーには昆布は一種類しか置かれていなかった。駅前の店でも、日高昆布に真昆布が少しあるだけだった。昆布でさえそうなのだから、だし用のあごのあるはずもなかった。 あごだしパックは使ったことがある。前にブログにも書いた。でも・・・、

「コンビニにおでん買いに行くついでに、ちょっくら多摩サイを走破する大作戦」を決行する

デイケアに送り出そうとしたときに、母に下着類を洗っておいてと頼まれた。断った。「どうして?いい天気なのに」「いい天気だから、しない」。母は、顔にはてなマークを浮かべて、送迎バスに乗り込んだ。 genenshoku-kaigo.hatenablog.com

コンビニにおでん買いに行くついでに、ちょっくら多摩サイを走破する大作戦~準備編3

はやりの風疹になった。空白世代だから、その可能性はある。あるいは、母が心筋梗塞を再発した。これは縁起でもないか。うむ、困った。中止の理由は何にしよう。でも、やめたら、久しぶりのおでんが食べられない・・・。 genenshoku-kaigo.hatenablog.com

豆腐三珍~暑い季節だから俺は冷奴が恋しい!

まさしく食い入るように見ている。誰もが、テレビ近くね?と思うだろう。本人が言うには、このくらいの距離でやっとよく見える。片方の耳は子供の頃から聞こえない。

コンビニにおでん買いに行くついでに、ちょっくら多摩サイを走破する大作戦~準備編2

嗚呼、クラウディアよ、どうしてあなたはクロスバイクなの? genenshoku-kaigo.hatenablog.com 河川敷のサイクリングロードを走っていると、次々に後続の車に抜かれる。だんだん癪に障ってきて、こっちも懸命にペダルを漕ぐ。全然かなわない。そんなときに、…

ギョニソ野菜炒め~芸術的だったり論理的だったり災厄的だったりする手抜き料理三昧の日々

例によって、ブログの更新が滞っている。簡単なものばかりだが、料理はそこそこやっている。ネタはある。記事を書こうと思えば書ける。ただ重い腰が上がらない。年のせいか。困ったものだ。

周到さと老化と、かじきの塩麹焼きと

主な食材は週に1回まとめて買う。食費を切り詰めたいし、買い物という手間を省きたいからだ。そのため、週初めにおおまかな献立を決める。と言っても、夕食のメイン料理だけ。昼食や副菜はあるものででっち上げる。必要なものが出てくれば、その都度近くの…

ついに母が裸になる覚悟を決めた!

「要支援1~2」「要介護1~5」という要介護度は、心身の状態に応じて7段階に分けられている。例えば、要支援2は、 要支援2 ・身だしなみや居室の掃除などの身のまわりの世話に何らかの介助(見守りや手助け)を必要とする。・立ち上がりや片足での立位…

厚揚げのひき肉ともやしのトロトロあんかけ~もやしは安いからこそ大切に~

もやしの魅力は何と言っても安いこと。料理を始めて食材の買い出しをするようになって、店で20円、30円という値段を見たときには驚いたものです。 今はあまり聞かれませんが、もやしっ子なんていう言葉もあります。色白でほっそりしていて弱々しい。僕も子供…

コンビニにおでん買いに行くついでに、ちょっくら多摩サイを走破する大作戦~準備編1~

読書の秋、芸術の秋、そしてスポーツの秋。サイクリングにも適した小春日和の一日に多摩サイ(多摩川サイクリングロード)を走破する予定だった。それなのに、モタモタしていたら、師も走り出しそうな季節になってしまった。

平成最後の年末に「ハナミズキ」にツッコミを入れる

空を押し上げて 手を伸ばす君 五月のことどうか来てほしい 水際まで来てほしい いきなり水際って、何なんだよ。どこの水際なんだよ。

人気のチーズダッカルビを、新旧2本のコチュジャンを使って作る

作りたい料理があって買ってみたはいいものの、毎日の食事には取り入れづらく、冷蔵庫や棚の奥深くに置いたまま、いつのまにやら記憶のかなたに。 ■ 出典:あさイチ 昨今、人気のあるチーズダッカルビ(チーズタッカルビ)という韓国料理。本物は食べたこと…

介護認定更新と高田鉄矢って誰?

その日は映画の日だった。上映されたのは「幸福の黄色いハンカチ」。山田洋次が作った有名な作品。出演しているのは、高倉健、倍賞千恵子、そして「何とかかおりに、高田鉄矢」(原文ママ)。 鑑賞中、隣のお婆さんに「高倉健って、まだ生きてるのかしら」と…

「なんちゃってつゆ焼きそば」を作ってみた

まさに、屋上屋を架す。先日、一風変わった郷土グルメを紹介するテレビ番組で知った。 青森県黒石市の黒石やきそばから派生した焼きそば。太平麺と甘辛いソースが特徴の『黒石やきそば』を器に入れそばつゆをかけて、最後にたっぷりの揚げ玉とネギを盛りつけ…

さばの味噌煮~にんにくと霜降りで、クサいの飛んでけ~

目は澄んでいました。この通りに調理もしました。でも、母は生臭いと言いました。 煮汁を煮たたせてから魚を入れること。じゅうぶんに煮立ったなかに入れると、表面がきゅっとかたまり、生臭みが流れ出にくくなる。 出典:asahi.com(朝日新聞社):サバのみ…

豚肉と白菜の甘酢あんかけ~野菜嫌いの子供たちに捧ぐ

フライパンにサラダ油を熱して、生姜の千切りと長ねぎと白菜の芯を投じる。やがて香りが立つ。つくづく、いい匂いだなと思う。 白菜、長ねぎ、ほうれん草、大根、にんじん、ピーマン、なす、さといも、かぼちゃ、ごぼう、たけのこ、いんげん、パセリ、ブロッ…

鶏もも肉のゆず茶照り焼き~ゆずスイッチはオンしているが、果たしてパクチーは?

モラタメでエスビーのチューブ入り香辛料が当たりました。「きざみ青じそ」「きざみゆず」「きざみパクチー」の3つです。そのうちの「きざみゆず」を使って、「鶏もも肉のゆず茶照り焼き」を作ってみました。電子レンジなので簡単。おまけに美味しい。おす…

秋桜が満開の昭和記念公園をクロスバイクで走る

初老のおじさんがコスモス(秋桜)の丘にはどう行けばいいのかと聞いてきた。俺も迷子になっていた。尋ねられても困る。そこへ通りかかった事情通のおばちゃんが、一緒に行きましょうと誘ってくれた。おばちゃんの先導で、3人の高齢者が縦に並んでチンタラ…

コーヒードリッパーでだしを引く@だし生活、始めてます。

ラーメンの器を使えばよかったか。しろたま!は失敗した。どんぶりで作ったので、規定の量のお湯を注いだら、水位が増して卵が浸水してしまった。でも、今回のテーマは別のところにある。正しく400ミリリットルのスープにする必要があった。 参照:しろたま…

本格パスタソース明太子だけど、美味しいめんつゆの作り方をシェアします

明太子パスタも好きですが、おそばも大好き。家で食べるおそばを、もっと美味しく食べる方法をTV番組で教えてもらったので、紹介します。ちょっとした手間で、格段の違いです。

明太子クリーム的パスタ~愛と辛子明太子の日々~

昨日は明太子ポテトサラダを作った。うまくできなかった。メークインを使ったことが失敗の一因か。でも、消費することはできた。いちばんの目的は果たせた。 今日の昼は明太子クリームパスタを作らなければならない。ところが、牛乳がなかった。紙パックに50…

鮭のガーリックソテー~秋の夜長に長々と何を書いているんだか・・・

気がつけば今年も2か月余り。秋が深まってきました。ブログの更新をさぼっていたこの間にもいろいろなことがありました。 へんな病気になりました。体の一部が腫れて、男性諸君にはおなじみの臭い分泌物がやけに出てきます。場所が場所なだけに、病院には行…

ツナ缶の野菜炒め~(肉)野菜炒めの作り方の私的まとめ~

ツナ缶を使った野菜炒めを作りました。ツナ缶は汁ごと使うので、その他の調味料は塩胡椒と昆布茶で。作る際のポイントは、一般的な強火で手早くではなく、弱火でじっくり炒めることです。

厚揚げのひき肉炒め~絹か木綿か、油は抜くのか抜かぬのか

台風、大接近中です。家も、ノートパソコンも揺れます。こりゃ、スゴイな。記事は後日、書きます。 (以上、9月30日記) 豆腐が好きだ。厚揚げもいい。焼いた厚揚げを生姜醤油で食べる。悪くない。もっといいのは、おろしにんにくとポン酢醤油。手軽な酒の…

半熟両面焼きの存在論よりも美味しい、めかじきの和風ムニエルを作る

半熟両面焼きの存在論よりも美味しい、めかじきの和風ムニエルを作りました。ポイントは自分で作ることです。ムニエルとソテーの違いは何か。Siriに聞いてみましたが、分からないそうです。

豆腐とカニカマの中華風卵とじ~庶民の味方カニカマの恐るべきパワー~

カニカマって、ただのカニもどきの練りものではなかったのです。タンパク質が豊富で消化もいい。あの鮮やかな赤い色も、へんな着色料のせいではなくて、トマトやパプリカの色素によるものだったのです。そんな、高齢者にも最適な食材であるカニカマを使って…