酔いどれ介護者の減塩食日記

料理、家庭菜園(近日開始)、クロスバイク、介護・・・与太話を交えて。

鶏肉とかぶの白だし炒め~母はさっぱりしたものが食べたいと言った

「お母さんのことを思うなら、あなたも煙草をやめたほうがいい」 お袋の主治医にそう言われた。そういう性格の持ち主なのだろうが、顔はパソコンの方を向いたまま。木で鼻をくくったような口調だった。

ちくわの蒲焼丼~ちくわをどうやって食べるか問題を考える

その定番の料理はおでんと磯辺揚げあたりか。簡便なつまみとしてなら、チーズやきゅうりを合わせるという手法が広く世に知れ渡っている。もちろん、そのままでもいい。コンビニでも売っている。懐にも優しい。そんな食材だからこそ、手軽に味わいたい。でも…

豆腐ハンバーグの和風あんかけ、成功率75パーセント。

当面は、一人暮らしで自炊すると決めたからには手の込んだ料理にも挑戦してみよう。でなければ、断腸の思いで別れを告げた居酒屋に顔向けができない。 和風の豆腐ハンバーグ。前にスーパーで買ったのが美味しかった。あれを再現したい。豚ひき肉は冷凍保存し…

さらば居酒屋よ的な、さわらの西京焼き~魚焼きグリルを使いこなすために6

お袋はまだ入院中だ。今夜も明るいうちから繰り出そう。つまみは焼き鳥の盛合せと店の自家製厚揚げにしよう。焼き厚揚げ、こいつがうまいんだ。外はカリッで、中はジューシー。それにたっぷりの鰹節と大根おろしをかけて。 ところが、俺の首根っこを押さえる…

在宅介護者は東京五輪に参加できるだろうか?

お袋が狭心症で入院した。久しぶりの一人暮らしだ。好機、逸すべからず。開店時間は5時。仕事を早々に切り上げて向かう。自分だけのために食事を作るなんて気は起こらない。夕食も向こうで済まそう。 一番乗り。チェーン店だが、なかなか料理は美味しい。真…

味噌煮込みうどんを始めました!・・・が、その甲斐むなしく心臓病再発?

傍目には健康そうに見える。古い友だちからの電話に出れば、決まって元気そうな声ねと言われるという。俺と二人の食卓でもよく喋る。戦争中だった子供の頃の思い出、熱中している氷川きよしの話、そしてヘイトまがいの中国や朝鮮非難。こちらがげんなりする…

鶏肉のだしうま黒酢煮~鶏の唐揚げに飽きたら、ぜひどうぞ!

朝起きたら、お袋の姿がベッドになかった。トイレにも洗面所にも押入れにもいなかった。外に出てみる。ごくまれに、足腰の衰えを防ぐために家の前の道を歩くからだ。まだ7時前。散歩ではないようだ。影も形もなかった。 ちょっと前に読んだ、認知症者の行方…

はじめてのダイソンのコードレス掃除機で自分自身をレビューする

深呼吸します。空気が美味しいです。灰色がかっていた景色も明るくなりました。どこにいるのかって? 家です。自分の部屋。こんだけ塵やほこりが吸い取れました。部屋がきれいだと気持ちいいものです。前回に続き、どんだけ汚れてたんだよって話です。でも、…

はじめてのロボット掃除機に生き方を学ぶ~Beaudensレビュー(動画付き)

ヘルパーさんは週に3日来ました。主治医のセンセの訪問診療は月1回。訪問リハビリのPT(理学療法士)さんは週1回。訪問看護師さんなんかも月に1、2度。もちろんケアマネさんも。こんな具合に、親父の生前は人がよく出入りしていました。みっともないと…

だし巻き卵~締切間際でも大丈夫。キューブだしがあるからです。

げっ!締め切り、明日じゃん。モニプラさんで当たった商品のモニターするのを忘れてた。明日は時間がないから、今日中に記事も書かないと。 当選したのは、「まるごとキューブだし」(プレミ本舗)。一緒に送られてきた学研プラスの雑誌「ゲットナビ」(6月…

四日市とんてきを作ってみた・・・問題はいつも千切りキャベツ

四日市とんてき。出前だけど、専門店のを食べたことはある。店のミスだと思うけど、千切りキャベツが付いていなかった。ソースの味はめちゃ濃かった。ただ、四日市とんてき協会によると、 (1)ソテーした厚切りの豚肉である(2)黒っぽい色の味の濃いソー…

鮭の酒蒸しではないと思うけど、鮭の酒蒸しがうまくできた!

魚といえば、このところグリルで焼いてばかり。調理の方法は色々ある。たまには違うさばき方をしてみよう。ロシア産天然白鮭(甘塩)。鮭の酒蒸しをやってみた。 ところが、失敗。水分が飛んで、干上がってしまった。味は悪くなかったけど、酒蒸しはもっとみ…

二杯酢とトマトジュースのつゆで素麺を食べてみたけれど・・・

先日の朝、NHKの情報バラエティ番組「あさイチ」を見た。テーマは「お酢」。二杯酢などの合わせ酢の作り方や酢の種類の違い、酢の健康パワー、酢飯作りのコツなど、酢のイロハを取り上げていた。 ■参照:基本の調味料シリーズ 「知ってビックリ!“酢”の実力…

冷ややっこ5選~白いものが恋しくて

何の因果でヤクルト・スワローズなんかを応援しているのか。昔から弱いチームだったから、連敗なんてザラ。その都度、生活に支障をきたすほどの暗い気分に落ち込む。 もともとは巨人ファンだった。「巨人、大鵬、卵焼き」よか、ちょっと後の時代。近所の公園…

ペヤングのお化け皿うどんを食べてみた!

デカっ!先日、コンビニで見つけて、目を皿のようにしました。ウケ狙い?のペヤングさん、またやっちゃったんですね。あのお化けカップ焼きそばと同じ大きさで、今度は皿うどん。気がついたら買っていました。 ペヤング 中華風そのまま皿うどん | まるか食品…

【クロスバイクのメンテ】チェーン編~ギアもチェーンも銀色だった!

クロスバイクに乗るようになって1年半以上が過ぎました。この間に故障は1回。ある日、クラウディアにまたがって家を出ようとしたら、プシュ~ッとタイヤから空気が漏れ出しました。おかしなパンクの仕方でしたが、そのまま自転車屋まで押して行って直して…

豚肉と玉ねぎの梅味噌炒め~行方不明のパブロフの犬を探しています。

5月だというのに連日の30度超え。お袋によれば、デイケアの利用者は休みの人が少なくない。果たして、当人も不調を訴えた。胸の圧迫感、手足の冷え、血圧の上昇、食欲不振・・・。最初は「寒い」と言っていた^^; この時ならぬ暑さにどう反応していいのか…

鶏むね肉とアスパラの青椒肉絲風~世紀の発見、アスパラガスは食べ物だった!

週に1度のスーパー。2週続けてアスパラガスを買い物かごに入れた。最近、長年遠ざけてきた野菜を買うようにしている。 苦手は野菜は多い。アスパラもその1つ。子供の頃から美味しいと思ったことがない。見た目も何か嫌い。「春野菜の代表格」。そんなこと…

胸かモモかお尻かで大いに悩んだ、塩麻婆豆腐

レシピには「鶏挽き肉」としか書いていなかった。でも、スーパーの売り場には「鶏もも挽き肉」と「鶏むね挽き肉」の2種類があった。えっ、どっちを選べばいいの。残念ながら「お尻挽き肉」はなかった。最近は、お尻がいちばん好きなのに・・・。 鶏もも肉は…

令和の幕開けに、昭和カレーの味と匂いと時代を堪能する

二年前までカレーライスを作ることはなかった。生前の親父が辛いものが大の苦手だったからだ。でも、こちらはご多分に漏れずカレー好き。たまには食べたい。 親父を介護しているとき、家族として同じものを食べさせたいという思いがあった。そこで、妥協策。…

時は流れる、卵は流れない・・・ああ、憧れのふわとろオムライスよ

1、2回でできるものではないのかもしれない。それでも作ってみたい。チキンライスの上に乗せた木の葉形のプレーンオムレツにナイフを入れると、とろとろの卵が流れ出てくる、あの官能的なまでに甘美なオムライスを。 ある動画を見て、この方法なら作れるか…

強力カビハイターは強力だった!

半年ほど前から、母がデイケアの施設で入浴するようになりました。以来、うちの風呂を使うのは自分一人だけ。だから、まあいいやと、掃除や予防を怠っていたら、こんな状態に!

さばみりんの正体を誰も教えてくれない~魚焼きグリルを使いこなすために5

それにしても赤い。どぎついくらいだ。でも、スーパーの魚売り場にあったのだから、食べ物なのだろう。物は試し。買ってみる。商品名は「さば本みりん」。 例によって、グリルで焼こう。みりん干しは初めてだから、まずはマニュアルを確認する。こんな一文が…

平成最後のおでん記念日に、五月みどりを思う。

デロンギヒーターを抱え込むようにして寝転がってテレビを見ていたお袋が、戸を締めてくれないかと言う。「寒いの?」「うん」。夕食の支度を始める頃。俺はTシャツにステテコパンツ姿。ダイニングキッチンに置いてある温度計の針は23度を指している。

身欠きにしんの塩焼き~魚焼きグリルを使いこなすために5

名前は聞いたことあるような、ないような。菜の花にしん漬けを買おうと思ったんだけど、スーパーの魚売り場でこんなのが目に入った。「身欠きにしん(ソフト)」。米国産、270円。 身欠きニシンとは、ニシンの干物のこと。水揚げされた鰊は、生の状態では、…

魚介類のトマト煮とペスカトーレ的トマトパスタ

トマトの海に沈んだ魚介類。イカ、エビ、アサリのシーフードミックスにハマグリも加えたんだけど、カットトマト缶丸1缶(400グラム)だとソースの量が多かった。 冷凍シーフードのおすすめの解凍方法は「塩水解凍」。海水と同じくらいの塩水(塩分濃度3%程…

鮎の塩焼き~魚焼きグリルを使いこなすために4

お袋は焼いたことがないと言う。俺も扱ったことはない。スイカのような甘い香りがすることから「香魚」とも呼ばれる川魚の鮎(あゆ)。おなじみの塩焼きで食べよう。その前に、ネットで下処理の仕方を予習する。ポイントは・・・ 1、表面のぬめりを取る。2…

鶏肉と野菜の黒酢炒めを作りながら、改めて高齢者介護の要諦を肝に銘じる

口を酸っぱくしても仕方ない。長年の経験でそれはわかっているつもりです。でも、反応の鈍さに苛立って、つい声を荒らげてしまう。僕もまだ修行が足りません。後口の酸っぱさ、いや苦さというのが正しいのでしょうか、後悔します。 とまれ、酸っぱいものなん…

幅2センチの迫力~ひもかわうどんを食べてみた

まず驚いたのは、その幅の広さよりも触った感じのほうでした。紙のようなテクスチャー。まるで細い厚紙です。これ、茹でたら、ホントに食べ物になるの?というのが第一印象でした。 テレビで見て、食べてみたいなと思っていたものです。ネット通販で安く売ら…

宍戸開は宍戸錠の弟ではない!~魚焼きグリルを使いこなすために3

ちょっと足を延ばして、いつもと違うスーパーに行った。魚売り場にかますの開き干しがあった。かますなんて、最後に口にしたのはいつだろう。物珍しさから買い物かごに入れた。 グリルの焼き網は重曹で洗って、焦げ付きをかなり取った。でも、まだ使いこなせ…