酔いどれ介護者の減塩食日記

料理、家庭菜園(近日開始)、クロスバイク、介護・・・与太話を交えて。

クロスバイク

【クロスバイクのメンテ】チェーン編~ギアもチェーンも銀色だった!

クロスバイクに乗るようになって1年半以上が過ぎました。この間に故障は1回。ある日、クラウディアにまたがって家を出ようとしたら、プシュ~ッとタイヤから空気が漏れ出しました。おかしなパンクの仕方でしたが、そのまま自転車屋まで押して行って直して…

梅は咲いたか桜はまだかいなの季節に、穴倉から出てきたものは!?

世間では桜がいつ咲くかと大騒ぎしている。当ブログではやっと梅が咲く。長くほったらかしていると、こういう始末になる。 いつものポタリング(自転車散歩)だ。近くまではペダルを漕ぐ。クラウディアは駅前の駐輪場に駐めた。そこから、傾斜角度89度ぐらい…

今年は、高尾山ビアガーデンでジュースを飲むために、ちょっくらトライアスロンをやってみよう!

あらま。2月になってしまった。昨年末、多摩サイ(多摩川サイクリングロード)を走破して以来、あまりクラウディアに乗っていない。遠出をしていない。運動不足の解消のために、近所を走る程度。でも、飽きたわけじゃない。単に寒いからだ。実は今年も、ひ…

「コンビニにおでん買いに行くついでに、ちょっくら多摩サイを走破する大作戦」を決行する

デイケアに送り出そうとしたときに、母に下着類を洗っておいてと頼まれた。断った。「どうして?いい天気なのに」「いい天気だから、しない」。母は、顔にはてなマークを浮かべて、送迎バスに乗り込んだ。 genenshoku-kaigo.hatenablog.com

コンビニにおでん買いに行くついでに、ちょっくら多摩サイを走破する大作戦~準備編3

はやりの風疹になった。空白世代だから、その可能性はある。あるいは、母が心筋梗塞を再発した。これは縁起でもないか。うむ、困った。中止の理由は何にしよう。でも、やめたら、久しぶりのおでんが食べられない・・・。 genenshoku-kaigo.hatenablog.com

コンビニにおでん買いに行くついでに、ちょっくら多摩サイを走破する大作戦~準備編2

嗚呼、クラウディアよ、どうしてあなたはクロスバイクなの? genenshoku-kaigo.hatenablog.com 河川敷のサイクリングロードを走っていると、次々に後続の車に抜かれる。だんだん癪に障ってきて、こっちも懸命にペダルを漕ぐ。全然かなわない。そんなときに、…

コンビニにおでん買いに行くついでに、ちょっくら多摩サイを走破する大作戦~準備編1~

読書の秋、芸術の秋、そしてスポーツの秋。サイクリングにも適した小春日和の一日に多摩サイ(多摩川サイクリングロード)を走破する予定だった。それなのに、モタモタしていたら、師も走り出しそうな季節になってしまった。

秋桜が満開の昭和記念公園をクロスバイクで走る

初老のおじさんがコスモス(秋桜)の丘にはどう行けばいいのかと聞いてきた。俺も迷子になっていた。尋ねられても困る。そこへ通りかかった事情通のおばちゃんが、一緒に行きましょうと誘ってくれた。おばちゃんの先導で、3人の高齢者が縦に並んでチンタラ…

クロスバイクで東京から九州まで走ったら、奇跡の肉体に異変が起きた!?

クロスバイクに約1年間乗りました。走行距離は東京~九州に及びます。それだけ走って、中年男の体にどんな変化が起こったのか。体重、体脂肪率、基礎代謝、はたまた身長はどんな数値に? 驚くべき結果が出ました。

最高にうまい麦茶の飲み方

やはり、死にそうになるのは、信号待ちなどで止まったときだった。灼熱の太陽が照りつける。逃げ場がない。汗が噴き出る。でも、その汗が救ってくれる。 信号が変わる。走り出せば、自然に風を受ける。体が冷える。生き返る。

とりわけ介護者への自転車生活のすすめ~介護とクロスバイクの物語(後編)

書きっぱなしになっていた。気持ち悪いので決着をつけておこう。 genenshoku-kaigo.hatenablog.com 介護には体力がいる。面倒をみる相手の体の程度にもよるが、おむつ交換はこちらの腰に響く。親父は要介護4で、半身不随。自分一人で着替えや排泄ができない…

最高にうまいビールの味わい方

記録的な猛暑が続くが、俺にとって気温30度強はおあつらえ向きだ。さっそうと愛車クラウディアにまたがる。壮大な目的があるからだ。うぬ、記事タイトルでバレバレか。 炎天下のサイクリングロードを走る。普段はお年寄りが健康維持のためによく歩いている。…

タマサイ上流は走破したが、ゴール前で西川峰子に抜かれる

タマサイ(多摩川サイクリングロード)50キロ走破は今年の秋のお楽しみというか目標なのだが、これまでに自宅から上流の終点までは2度ほど走っている。 約15キロ。こんなに近いのかと驚いた。それでも東京の自然が堪能できる。美しい風景を楽しみながら、運…

鯖ずしに向かって走れ!~吾左衛門鮓さば

クロスバイクを駆ってタマサイを1日で走破する。これが今年の目標の一つだった。クラウディア(最初の名前はCBクロちゃんでした)に出会ったのは去年の秋。あまりの走り心地のよさから、春にはすんなりと達成できるだろうと思っていた。 ところが、春は風が…

うちの近くにも春があった~夢は今も夢のままで

風流な趣味は持ち合わせていない。花見と称してどんちゃん騒ぎをするのも性分ではない。桜なんか自分のブログのPV数ぐらい興味がなかった。いい若者が桜に心情を仮託して歌う。一時期、そんなJーPOP曲が流行した。大嫌いだった。 そのせいもあってか、近く…

3月11日、いつものように生きて、チャーハンを食べる

お題はチャーハン。街頭で20歳ぐらいの女の子が独創的な腕をふるっていた。ご飯がびちゃびちゃになったからと、途中で鍋に生米を加えた。お母さん、生米を入れちまいましたよ。できあがった代物を試食した友人は一言。「アホか」 TBS「噂の東京マガジン」を…

君も風になってみないか?~介護とクロスバイクの物語(前編)

CBクロちゃん改めクラウディアとは、もう東京から岐阜あたりまで走ったのかもしれない。付き合い始めたのは去年の10月中旬だ。サイクルコンピュータを取り付けたのは、それから2か月後。現在、そこに表示されている積算距離は204キロだから東京から静岡ぐら…

犬がやって来て、鳥はどこへ行ったかと思いきや【クロスバイク日記】

元旦。昼におせちとお餅を食べてから、愛車のCBクロちゃんにまたがる。正月だからすでにほろ酔い状態だったかもしれないが、好天で暖かい。絶好のサイクリング日和。走らない手はない。 今日は、川の土手のサイクリングロードから足を延ばしてみよう。本流に…

ヘルメットとサイクルコンピューター【クロスバイク日記】

玄関から外をうかがう。近隣の人が立ち話なんかしてないことを確かめる。誰もいない。今だ。ヘルメットをかぶり、愛車「CBクロちゃん」にまたがる。こんな姿は見られたくない。逃げるようにペダルを踏み込む。 ・・・だって、ヘルメット、恥ずかしいんだもの…

クリぼっちはもう怖くない【クロスバイク日記・序章】

クリスマスや正月に一人で繁華街なんかに繰り出すと、雨が降ればいいのにとか爆弾ってどうやって作るのかなとか、ろくなことしか考えない。 だから、これからは、風を切って、大きな川の土手をクロスバイクで走ろうと思う。この季節だと確かに寒い。でも、こ…