酔いどれ介護者の減塩食日記

減塩食レシピ作りで料理の修行中。介護の日常と非日常・・・タフでなければ介護はできない、優しくなければ介護をする資格がない。

卵料理

肉みそのオムレツで、残り物救済大作戦を敢行する!

例えば、調味料は大きい方が安上がりになると思ってスーパーのかごに入れる。そのとき、親父が死んだことを忘れている。あまり食べなかったにせよ、たった1人でもいるといないでは違うことに台所で気づく。結局、大きいのは使いきれずに高くつく。そんな失…

かに玉~枝豆にグリーンピースの任務は果たせなかった~

冷蔵庫にあった目ぼしい材料は卵にかにかま。ゆでたけのこはありません。でも、瓶詰めのメンマがありました。蓋を開けたら小さいのが4、5片。 先代のめんまは腐りました。半分ほど食べただけで、買ってからそれほど経っていないはずだったのに、蓋を開けた…

まだ君を心から・・・食べるラー油の卵焼き、そしてヤクルト・スワローズ

政治家なのかタレントなのかはよく知らないが、上西小百合という小娘がこんなことをつぶやいて、物議を醸した。 サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ。

減塩のにら玉焼きは、これでいいのだ!

野菜の「にら」を使った代表的な料理と言えば、レバニラ炒めや餃子、にら玉などでしょうが、その中でも個人的に思い入れが深いのがレバニラ炒めです。 親父がよく食べていたというのもありますが、僕らの世代が子供時代に夢中になったギャグ漫画「天才バカボ…

お好み焼き風卵焼き、おふくろの味と息子の味

昨日は弟が介護の当番の日だった。俺は夕食用の「とろ卵豚キャベツ」(味の素Cook Doきょうの大皿、塩分1.3グラム)などを用意して、遊びに出かけた。弟の報告によれば、前日、下剤を飲んでいるのに、父はトイレに行くのを駄々っ子のように拒んだ。やれやれ…

ゴール間近!オムライスへの道

珍しいことです。食卓についた母が開口一番「おいしそう」と言いました。確かに、前回のものは不細工でした。でも、だいぶそれらしくなってきました。ふわふわとろっとした卵がいい感じです。付け合せの昆布豆も独創的。ぼくもやればできるのです。 本当は鶏…

介護者のオムライスと救急車

きつねうどんではありません。牛丼でもありません。オムライスです。介護者が作るオムライスはこうなります。介護者はチキンライスを玉子に包んでなんて、そんな洒落臭いことをやっている余裕はありません(前にもあったような展開だな)。

危機一髪の状況で作られている、ちくわの玉子丼

鶏肉じゃなくて、ちくわです。ちくわは練り物ですから、塩分が気になります。でも、最近のデイのない日は昼まで寝ていることが少なくありません。だから、朝食用の1g分の塩分が浮きます。それに醤油は減塩ものだし、だしも減塩の顆粒タイプを使います。もち…