酔いどれ介護者の減塩食日記

減塩食レシピ作りで料理の修行中。介護の日常と非日常・・・タフでなければ介護はできない、優しくなければ介護をする資格がない。

さらばハードボイルド的減塩食介護日乗

ブログを始めて3か月が過ぎた。志は低いが、ひと月に10記事以上は書くという目標はクリアした。でも、読まれないものだ。相変わらず1日の訪問者は1桁がざらだ。更新頻度が少なすぎるのか、苦心して書いているのに面白くないのか。馬鹿を書くのは好きだが、読まれなければ、ただの馬鹿の振る舞いになるのではないか。さすがに、心が折れた。

介護者が集うSNSで日記も書いていた。はてなブログに手をつけてからはご無沙汰気味だが、そこでアップすれば毎回200人以上が読んでくれる。介護に付きもののウンコねたなど、汚い話を多く取り上げた。やはり、そういうのがいちばんの関心事なのだろう。

はてなブログでも、これが介護生活の実態だと居直って、料理とウンコの話を織り交ぜて書こうかとも思った。ウンコ漢字ドリルなるものが評判になるご時世だ。チミモウリョウが跋扈するはてな界隈でも、ウンコ料理ブログなら異彩を放つかと考えもした。だが、根が常識人なので二の足を踏んでしまった。

父が心筋梗塞で倒れて入院することになった日、病院の看護師からいきなり「入院生活に必要なので、尿とりパッドを買ってきてください。下のコンビニで売ってますから」と言われた。ニョウトリパッド? 初めて耳にする言葉だった。そいつが何者で、何のためにどう使われるのか、まったく知らなかった。そして、「あの、ニョウトリパッドって何ですか?」と聞こうと思った矢先に、その看護師は忙しそうに踵を返した。途方に暮れた。でも、病院のコンビニ店員は親身に教えてくれた。おかげで、たくさんあった介護おむつ類の中から適切なニョウトリパッドを買うことができた。

こんな具合に、介護生活はある日突然始まる。それが介護のSNSではなく、はてなで書いてみようと思った理由だった。介護の現実を広く知ってもらいたいと思ったのだ。でも、はてなには若い人が多いようだ。介護などには興味がないのだろう。もちろん、それはそれでいい。介護にかかわることなく過ごせれば、それに越したことはない。

「在宅介護」で検索してみる。はてなブログに介護者のものは少ない。あっても、更新が止まっている。そういうことだ。介護にゴールは設定されていない。100メートルの短距離走のようにあっという間に終わることがある。あるいは、どこまで走ってもゴールテープのない悪夢のマラソンのようになることもある。どうなるか分からない。そこがきついところだ。最初から、ブログなんかにうつつを抜かす余裕はなかった。

実は、追い打ちをかけるようにブログ続行の意思をくじく出来事がもう一つあった。何とかアクセス数を伸ばして、広告を載せてブログ・アフィリエイトをやりたかった。それを介護おむつ代の足しにしたかった。でも、アマゾン・アソシエイトの審査に落ちた。保育園落ちた、日本氏ねの気持ちもよく分かった。

短い間だった。さらばハードボイルド的減塩食介護日乗。楽しくて、苦しい3か月だった。せめて最後に、ブログ・アフィリエイトの気分だけでも味わおう。

f:id:ken_low:20170405004021p:plain

わお、プロブロガーっぽい(どこがだ)! これで、もう思い残すことはない。ぐわぐわ団さん、多謝。さらばハードボイルド的減塩食介護日乗。また、どこかで会えたら、会おう。

・・・・・とまあ、こんな感じの記事を書いて、4月1日に公開するつもりだった。ところが、母が不調を訴えた。血圧は180や100(多分、これは測り間違いだろう)と乱高下した。それなりの態勢を整えてはいるが、一人で二人の面倒を見ていると、こういうときが一番ドタバタする。幸い、大事には至らなかったが、弱った体には季節の変わり目はこうも障るものなのか。

綱渡りのような、あるいは爆弾を抱えているような生活に変わりはない。これからも「タフでなければ、優しくなければ」のハードボイルドの心構えでやっていくが、ブログのタイトルは変更する。「ハードボイルド」なんて冠があると、書きづらいったらありゃしない。次回からは穏当に「酔いどれ介護者の減塩食日記」(仮)あたりで。何かいいブログ名、ないかしら。

f:id:ken_low:20170409101940p:plain

追記:アマゾンの話は本当です。

広告を非表示にする