酔いどれ介護者の減塩食日記

減塩食レシピ作りで料理の修行中。介護の日常と非日常・・・タフでなければ介護はできない、優しくなければ介護をする資格がない。

春は出会いと別れの季節だから、ヤクルトは見限って?回鍋肉を作ろう

石川、小川、オーレンドルフ、ブキャナン、山中、そして館山か。われらが東京ヤクルトスワローズの先発ローテ-ションの陣容は、俺が作る夕食の献立のようだ。新外国人投手が二人加わっただけで、あとはおなじみの顔触れ。変わり映えしない。いきのいい若手投手の台頭といった新味がないのが淋しい。

近所の公園の桜は満開。プロ野球も開幕して1週間が経った。5月いっぱい無料でヤクルトの試合も見られるというのでスポナビライブに登録した。でも、ナイターが始まるのは6時頃。こっちは夕食の支度をしないといけない。食事が終われば、おむつ交換や翌日のデイの準備。結局、たいして見られない。

昨日は、広島の新人投手にあわやノーヒットノーランの好投を許して負けた。そして今日は、これまた2年目の投手に頼みの打線が手もなくひねられた模様。投打ともに活気がない。そんな試合なら見なくてもいいか。スポナビライブもお試し期間だけでやめる。今シーズンも非日常的な楽しみや喜びには期待せずに、淡々と介護の日常を送っていこう。

回鍋肉(ホイコーロー)は市販の惣菜の素で作ったことはある。でも、甜麺醤(てんめんじゃん)を使って作ったのは初めて。ヤクルトには無理でも、わが献立には新味を加えよう。教科書にしている「お料理二年生」(ベターホーム出版局)のレシピを下敷きにして。

f:id:ken_low:20170408235012j:plain

回鍋肉

■ 材料(3~4人分)■

豚バラ肉 200グラムから
キャベツ 300グラム(4分の1個)
ピーマン 2個
ネギ 3分の1本
赤唐辛子 1本(大き目)

A:
酒 大さじ1
生姜汁 大さじ1
塩 0.6グラム(小さじ1強)

B:
鶏がらスープの素 1グラム
水 45グラム(大さじ3)
酒 45グラム(大さじ3)
甜麺醤 50グラム(大さじ3弱)
すりおろしにんにく 大さじ1
塩 0.5グラム

■ 作り方 ■

1.豚肉を適当な大きさに切り(次回は4等分でやってみよう)、ボールに入れてAを加え、混ぜて5分ほど置く。
2.キャベツやピーマンも適当な大きさ、ネギは斜め切り、赤唐辛子は輪切り。
3.フライパンにサラダ油大さじ1で、豚肉を炒める。
4.豚肉に焼き色がついたら、キャベツ、ピーマン、ネギ、赤唐辛子、にんにくを加える。混ぜすぎず、焼くような感じで。
5.Bを加えて、大きく混ぜる。つやがよくなったら、火を止める。

■ 塩分 ■

3人で分けると2グラム弱。でも、年寄りには多い。全体で4人分の量だな。

■ 料理メモ: 肉の下味とにんにく■

1.簡単な炒め物でも、肉に下味をつけておくと、全体の味がしっかりする(確かに!)。
2.にんにくを炒め物に使う場合は、最後に入れたほうが香りが立つ(NHKためしてガッテン」より)。

■ 料理メモ: キャベツについて■

サラダ野菜に比べると野暮ったい見た目ながら、実は栄養満点なキャベツ。でも、どこからどう切ったらいいのか分からなかったり。そこで、調べて学んだことを。

1.春キャベツはふっくらとした巻きがゆるいものを、冬キャベツは形が良く、どっしりと重いものを選ぼう(煮物向き)。

2.千切りなどは繊維を断つように切ると、歯ざわりがよくふんわりと仕上がる(そうそう)。シャキッとした歯ざわりにしたい場合は、繊維と平行に切る。炒める場合は繊維に添って切る。繊維と垂直に切ると、水っぽくなってシャキシャキ感が失われる。

3.ゆでる場合は沸騰したお湯に入れて2~3分程度。水にさらす必要はない。ざるにあげて水気を切ればいい。蒸し料理にすると、キャベツに直接水が触れないので、ゆでるよりビタミンCの損失が少なくなる。甘味が増し、美味しさもアップする。

4.回鍋肉もキャベツもいいけど、神宮球場に足を運んでビールを飲みながらいい試合を見たいなあ・・・。

広告を非表示にする