読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔いどれ介護者の減塩食日記

減塩食レシピ作りで料理の修行中。介護の日常と非日常・・・タフでなければ介護はできない、優しくなければ介護をする資格がない。

明るい春の日差しに介護の憂さも少しは晴れる今日この頃、お前は一体何者なのかと訝りながら秋鮭のトマトソースがけを食す

鮭(サケ、シャケ)と言えば、おにぎりやお茶漬けの具、塩焼きなどで日本人におなじみの魚の一つなわけですが、「秋鮭、白鮭、時鮭、銀鮭、紅鮭・・・いったい何が違うのか?」と聞かれれば、ぼくには答えられません。

知らないことはたくさんありますが、植物や魚などにはとても疎いのです。

人間とゴリラとチンパンジーが違うように、違う魚なんだよ~!

出典:食品のネタ帳 魚の「今!」を分かりやすく解説するブログ!!

いくら生物学的には親戚みたいなものとはいえ、ゴリラやチンパンジーと一緒にされてはたまりません。しっかり勉強しておきましょう。

サケは、シロザケ(白鮭)以外にも、タイセイヨウサケ(アトランティックサーモン)、ベニザケ(紅鮭)、ギンザケ(銀ざけ)、キングサーモン などの仲間を総称する。

出典:サケ類 - Wikipedia

「秋鮭」というのは白鮭の通称。秋に穫れるからそう呼ばれもし、荒巻鮭はこいつから作られる。春から夏に穫れる「時鮭」または「時知らず」というのもある。初めて聞く名前です。脂肪たっぷりで身が厚く、刺身にするとおいしいとか。食べたことあるのかな。

肌目が銀色で背部から尾にかけて小さな黒点があるのが銀鮭。チリで養殖されたものが日本で広く出回っているわけは、いつか見たテレビ番組で知っています(先に引いたブログにも記事があります)。

紅鮭は成熟すると個体が鮮やかな紅色に染まるのがその名の由来で、主にロシアやアラスカなどから輸入されている。でもたまに、海に出ていかないで川や湖の淡水に残る個体もいて、それはヒメマスと呼ばれる・・・。

厄介な子がいるものです。だから、魚の世界は難しい。出世魚なんてナンノコッチャです。たまに行く行きつけの(在宅介護者ならではの胸がしめつけられるような表現です)居酒屋は刺し身が売り物で、そこで本日のおすすめメニューとして「めじな、コショウダイ、いさき、いとより、いなだ・・・」なんて名前が並んでる日には、さかなクンとは真逆の意味でギョギョギョとなるわけです。キングサーモンの本名が「マスノスケ(鱒の介)」だなんて。ぼくが無知なだけでしょうか。サザエさんはびっくりしないのでしょうか。

f:id:ken_low:20170413012339j:plain

秋鮭のトマトソースがけ

■ トマトソースの材料(1人分)■

カットトマト(ピューレ漬けの缶) 80グラム
玉ねぎのみじん切り 20グラム(玉ねぎは1個200グラムぐらい)
コンソメ 1グラム
赤ワイン 3グラム
ケチャップ 3グラム(小さじ半)
ウスターソース 3.5グラム(小さじ半強)
砂糖 1グラム(小さじ3分の1)
塩胡椒 少々

オリーブ油 2.5グラム(小さじ半強)

■ トマトソースの作り方 ■

1.鍋にオリーブ油を熱し、玉ねぎを炒める。
2.玉ねぎが透き通ってきたら、カットトマトとワインを入れて強火。
3.アルコールを飛ばしたら、コンソメ、ケチャップ、ウスターソース、砂糖を加えて弱火でコトコト。
4.塩胡椒で味を整える。

■ トマトソースの塩分 ■

1.5グラム弱(1人分)

■ 料理メモ:■

赤魚、クロメバル、まだら、さば、さわら、ぶり、かれいなどにも合う(とのこと)。

以前にも書きましたが、父が左手のスプーンで食べなければならないので、冷凍の骨なし魚をネット通販で定期的に買っています。だから、季節外れの秋鮭です。ムニエルやフライ、ホワイトソースに向いている秋鮭ですが、トマトソースでも美味しく食べられました。

でも、新しい電子レンジのオーブン機能の実力や性格をまだ把握できていません。レシピ通りだと、最初はやっぱり魚が生焼け状態でした。電子レンジを使いこなすというのも、存外難しいものです。