酔いどれ介護者の減塩食日記

減塩食レシピ作りで料理の修行中。介護の日常と非日常・・・タフでなければ介護はできない、優しくなければ介護をする資格がない。

真に驚くべきはコロッケそばか?コロッケか?

前記事で登場したコロッケは5個で約300円。3人で1人1個ずつ食べたので2個余りました。それをデイ(通所リハビリ)で父がいない翌日の昼食に使うと、母が目を白黒させました。食べたことがなかったらしいのです。コロッケそばは前にネットでもちょっとした論争になったようですね。

実は、三谷幸喜朝日新聞の連載コラムを読んで以来、また食べたいなと思っていました。学生時代に駅そばでよく食べた、わが青春の味の一つです。

かなりシュールな見た目であることは否定しない。そばの上にのっているコロッケの図は、かなりミスマッチ。草履を頭にのせたお爺さんに、ばったり道で出会った時くらいの衝撃。

出典:コロッケそば食する極意(「三谷幸喜のありふれた生活」)

そんなに衝撃的でしょうか?立ち食いそば上級者はコロッケそばを好むものなのです(そうだったのか)。

www.excite.co.jp

f:id:ken_low:20170501004713j:plain

 コロッケそば、とろろ昆布入り

■ 材料(1人分)■

のど越しが良いそば(セブンイレブン) 1束
長ねぎ(新鮮なのをもっと細く切りましょう) 適量
水道水 260ml
にんべん つゆの素(3倍濃縮) 40ml
北海道男爵いもコロッケ・関西風(駅前のスーパー) 1個

■ 作り方 ■

省略。

■ 料理メモ1: 麺類の塩分■

そば(干し)1束(100グラム):2.2グラム
そば(ゆで)1玉(170グラム):0グラム
うどん(干し)1束(100グラム):4.3グラム
うどん(ゆで)1玉(220グラム):0.7グラム
中華麺(生)1玉(120グラム):1.2グラム
中華麺(蒸し)1玉(150グラム):0.6グラム
スパゲティ(乾燥)1人分(100グラム):0グラム

乾麺はゆでると9割ほどの塩分が抜けるそうです。でも注意も必要。以下のサイトに詳しいです。

no-shukketsu.com

今回のコロッケそば(とろろ昆布抜き)の塩分も計算しておきましょう。

そば(ゆでた後)0.3グラム+麺つゆ4グラム+コロッケ0.6グラム=4.9グラム(1人分)

だいたいの数字です。でも、やっぱり塩分は高めです。塩分注意報が出ている人は、ぐっと我慢しておつゆを飲み干さないようにしましょう。ぼくも申し訳程度ですが、自分へのアリバイ作りとして残します。

■ 料理メモ2: コロッケについて■

コロッケにも関東風、関西風があるのですね。ネットでちょこっと調べてみると、関西風は「具を甘めに味付けする」「牛肉を使う傾向が強い」そうです。スーパーのコロッケもビーフコロッケで、甘めの味でした。

さて、コロッケそばは食べ方も重要です。先の三谷幸喜氏は、

箸でコロッケをほぐす。汁を吸って軟らかくなっているヤツは、すぐに崩れる。そして現状を留めないくらいにコロッケを細分化してから、初めてそばと一緒に口に流し込む。これぞコロッケそばの醍醐味。丼の中は、ほとんど阿鼻叫喚状態ではあるが、そんなことは問題外。(中略)僕は、生きていることの幸せを感じずにはいられない。

コロッケそばを食べるだけで生きていることの幸せを感じられる安上がりな人に冷水を浴びせる(ただし、ゆでたそばは、冷水を浴びせてぬめりを取りながら締めて、それから湯通ししておつゆに入れるのを忘れないようにと、自分のためにも書いておきましょう)のは本意ではありませんが、ここまでコロッケをぐずぐずにしてはいけません。いくら日本製ジャンクフードとはいえ、こんなに羽目を外すのは論外です。そう言えば、「極東ブログ」さんも書いていたはず。

コロッケの中身をそば汁のなかに分散させずに、つまりだ、汁に沈まないように、そばのボリュームで支えつつ、かつ自然的な崩壊に気をくばりながら食えばいいのだ。これだ。我が青春で体得した神技。

 出典:コロッケそばの味わい: 極東ブログ

そうです。これがコロッケそばの正しい食べ方です。今回の記事の画像ではそれらしく見えないかもしれませんし、そもそも一晩置いたコロッケですが、それでも抜かりなくレンジのフライ温め機能を使っています。だから、コロッケ本来の「さくさく」も、おつゆを吸った「しっとり」も味わえました。このそばつゆのしみたコロッケが美味しい。そして、コロッケの油が広がってコクを増したつゆで、そばも美味しく食べられる。これこそがコロッケそばの醍醐味です。

(再び)ただし、コロッケがぐずぐずになっていい場合もあります。このコロッケとも学生時代から付き合いがあります。プロとしてデビューするきっかけになったテレビのオーディション番組で初めて見たときには、きっとぼくもその衝撃で目を白黒させていたでしょう。当時はまだ歌まねはしてなくて、岩崎宏美ちあきなおみなどの形態模写だけでした。それでも十分に面白かったのに、それがここまで進化して、ここまでぐずぐずになっていたとは。爆笑。このネタは知りませんでした。


コロッケ 河村隆一のものまね

コロッケ流のものまねの極意とは、「3割だけ似ていれば、あとは別の生き物でいい」だそうです。別の生き物って。でも、まねされた当の河村隆一は、「結構、特徴つかんでいるかも」と。世にも恐ろしい話です。

ちなみに、コロッケそばは母には不評でした。でも、コロッケそばといいコロッケといい、こういう恐ろしさや驚きを超えたところに思いもよらない官能の世界が広がっているものなのです。

広告を非表示にする