酔いどれ介護者の減塩食日記

減塩食レシピ作りで料理の修行中。介護の日常と非日常・・・タフでなければ介護はできない、優しくなければ介護をする資格がない。

残り物大作戦!「おそば屋さんのカレーチャーハン」なんて食べたことないけど作ってみた

冷蔵庫に苦手なにんじんが3分の2個ぐらい残っていた。こいつを始末しないといけない。冷蔵庫には他に玉ねぎが8分の1程度。最近はカレー粉も全然使っていない。昼食だからカレーチャーハンでいいか。

インターネットを紐解く。味の素のページに、鶏ひき肉を使う「おそば屋さんのカレーチャーハン」ってのがあった。おあつらえ向きに、だいぶ前に買ったまま封を切っていない西友オリジナルの鶏そぼろがある。味の素の「ほんだし」はないが、シマヤの「塩分77パーセントカットのだしの素」はたくさん残っている。そば屋のカレーチャーハンなんて食べたことはないが、残り物の神様のお告げに従おう。

 玉ねぎが少ないな。しなびたねぎが少し残っていたから、こいつを混ぜちゃえ。それにしても、2人分のレシピのご飯280グラムで、味つけのカレー粉大さじ3とほんだし大さじ1って多くね?

鶏そぼろに十分味がついているので、ご飯250グラムでカレー粉大さじ1と顆粒だし小さじ1で作ってみた。正解。レシピ通りに鶏そぼろには酒を混ぜたけど、これはどういう効果があるのか(風味のため?素材を柔らかく?味を染み込ませる?)、実はよく分かっていない^^;

f:id:ken_low:20170628231443j:plain

おそば屋さんのカレーチャーハン

■ 材料(2人分)■

ご飯 250グラム(昨夜の残りの揚げ餃子とかも合ったので少な目に)
鶏そぼろ 52グラム(西友オリジナルみなさまのお墨付き、1瓶、塩分1.7g)+酒 小さじ1
にんじん 適量
玉ねぎとねぎ 適当
大葉 2枚
サラダ油 大さじ1弱

A:
カレー粉 大さじ1(6グラム)
顆粒だし 小さじ1(3グラム)
塩胡椒 少々

■ 作り方 ■

1.鶏そぼろに酒(小さじ1)をふる。
2.小さく切ったにんじんはレンチンで柔らかく。
3.フライパンに油を熱して、鶏そぼろとねぎ、にんじんを炒める。
4.Aを入れて具によく混ぜてから、ご飯も加えて手早く炒め合わせる。
6.器に盛り、細かく切った大葉をのせる。

■ 塩分 ■

約1グラム(1人分)
カレー粉にはほとんど塩分がないので、ほんだしを使っても、1.5グラム弱。

大葉2枚も冷蔵庫に残っていたもの。水を張った計量カップに入れて(毎日、水は入れ替えて)保存しておいたので、これもいつ買ったのか覚えていない代物だったけど、全然大丈夫。

これがおそば屋さんのカレーチャーハンなのかどうかは知らない。ただ、お手軽ランチとしては十分にレパートリー入りの資格あり。それに、カレーとにんじんって合うものなのだなと、今更ながらに思ったのだった。

 

広告を非表示にする