酔いどれ介護者の減塩食日記

料理、家庭菜園(近日開始)、クロスバイク、介護・・・与太話を交えて。

JFKもびっくり!「魔法の弾丸」でつくるカルボナーラ

相変わらず母がテレビ通販中毒をこじらせています。最新のお買い上げはごぼう茶です。便秘に効きそうだからというのが理由のはずが、味が「まずい」と早くもお蔵入りした模様。いったい何がしたいのやら。

その前に関心を示したのが万能型のミキサーでした。健康のために、新鮮な野菜や果物のジュースが飲みたいんだけど。このときは珍しく勝手に注文することなく、ぼくにまず相談してきました。

 そんなもの買ったって、自分では使えません。野菜ジュースを作るのはこちらの仕事になります。自分は通販中毒だから手に余るものでも欲しくなってしまう。そんな自覚がやっと芽生えたのでしょうか。

Amazonで購入者の声を聞きました。テレビ番組での紹介ではいかにも便利そうですが、そこでの賛否の意見は分かれています。ただ、母は急に歯の具合いが悪くなってきました。きざむ、おろす、する、まぜる、くだく等の料理の下ごしらえが簡単にできて、食べやすいものが作れるなら、これから重宝しそうな気がします。

その名も「マジックブレット」。日本語に直すと「魔法の弾丸」。ジョン・F・ケネディ(JFK)も2度死んでしまいそうなびっくりな名前ですが、なるほど、そんな格好をしています。

f:id:ken_low:20170929230050j:plain

f:id:ken_low:20170929230113j:plain

マジックブレットでつくるカルボナーラ

■ 材料(1人分)■

パスタ 1束100グラム
ベーコン 30グラム(→0.7g)
玉ねぎ 適量
にんにく 1片(みじん切り)

生クリーム 100ml(→0.1g)
粉チーズ 大さじ2(12グラム→0.5g)
卵黄 1個(→0.2g)
塩 1グラム
昆布茶 小さじ2分の1(2グラム→0.8g)
ブラックペッパー 適量

オリーブ油 大さじ1

※ →の数字は塩分量

■ 作り方 ■

1.フライパンにオリーブ油大さじ1を引いて、弱火でにんにくとベーコンを炒める。玉ねぎも。
2.マジックブレットに生クリーム、粉チーズ、卵黄、塩を入れて、ブィーン。全体が混ざればオーケー。
3.塩なしでゆでたパスタとソースをフライパンに入れて、昆布茶を加えて手早くよく絡める。
4.多めのブラックペッパーをふって完成。

■ 塩分 ■

約3.3グラム(1人分)

■ 料理メモ ■

パスタの連投になりましたが、マジックブレットを使った初めての料理です。母は牛乳系が苦手です。これは、母がデイケアで留守の日のぼく一人のランチです。カルボナーラはソースがダマになりがちですが、そうならなかったのはマジックブレットでしっかり撹拌できていたからってのもありそうです。

生クリームを使うレシピは、もともと卵が固まるのを防ぐためのレストランの方法で、本来は入らない。本場ローマでは卵の凝固を防ぐために、グアンチャーレ(豚の頬肉の塩漬け)を炒めた際に出る油を事前に卵液へ加え、パスタ投入後はパスタの茹で汁を加えながら素早く和えるという手法が取られる。

出典:ウィキペディア

父の死後、母はよく父の夢を見るそうです。ぼくは一度も。その代わり、Jアラートが鳴って大騒ぎになるという夢を見てうなされました。わが家はマジックブレットという新兵器で危機に備えたいと思います。

cookpad.com

by カエレバ