酔いどれ介護者の減塩食日記

料理、家庭菜園(近日開始)、クロスバイク、介護・・・与太話を交えて。

ツナのカレーパスタ~「料理用カレー」はカレー粉ではなかった!

S&B「料理用カレー」という商品がある。もちろん、容器には原材料名が表示されている。それなのに、一片の疑いを抱くこともなかった。

カレー粉には塩分がほとんど入っていない。だから、減塩に重宝する。そう思って使ってきた。でも、これは純粋なカレー粉ではなかった。

味付き塩コショウのカレー版。カレー粉に塩、砂糖、うまみ調味料等が混ぜてある。いわば、カレー味のカールとかスナック菓子にまぶしてある粉に近い物だ。

出典:S&Bの調味料の『料理用カレー』と『カレー粉』はどう違うんですか... - Yahoo!知恵袋

スナック菓子にまぶしてある粉って・・・。生前の父には一日6グラム未満という厳しい塩分制限が課せられていた。それなのに、俺はこんなものを使って食卓にカレー味の料理を出していた。我知らず、父の死期を早めたかもしれない・・・。

「料理用カレー」にはどれくらいの塩分が含まれているのか。恐ろしくなって調べてみた。10グラム当たりの食塩相当量は4.3グラムだった。確かに多い。小さじ1(2グラム)で約0.9グラムだから醤油とほぼ変わらない。

でも、この調味料は一つの料理にそれほどの量は使わない。一人分のカレーチャーハンなら小さじ半分程度で十分に味がつく。塩分は約0.5グラム。ふつうのチャーハンを作るために中華調味料を使えば、それだけで塩分は1~2グラムになる。やはり、減塩には役立っていたのだろう。今から罪に問われることはなさそうで一安心。

というわけで、ツナのカレーパスタを作った。例によって、パスタのゆで汁に塩は使わない。

f:id:ken_low:20171212025450j:plain

ツナのカレーパスタ

■ 材料(2人分)■

パスタ 200グラム
ツナ缶 1缶(70グラム)
玉ねぎ 4分の1個
ピーマン 1個
にんにく 1片
オリーブ油 大さじ1

A:
カレー粉(S&B「料理用カレー」) 2グラム(小さじ1)
マヨネーズ 10グラム(小さじ2)
ウスターソース 12グラム(小さじ2)
塩 2グラム

粗挽き黒胡椒 少々

■ 作り方 ■

1.パスタを塩なしのお湯でゆでる。
2. オイルごとのツナにAをよく混ぜ合わせておく。
3.フライパンにオリーブ油を引いて、弱火でにんにくのみじん切りを炒める。
4.にんにくの香りが立ったら、粗みじん切りした玉ねぎ、ピーマンを加えて炒める。
5.玉ねぎがしんなりしたら、火を強めてツナ&Aを加えて炒める。
6.ここからは時間との勝負。ゆでたパスタを湯切りせずそのままフライパンに投入。
7.手早く勢いよく混ぜ合わせる。
8.器に盛って、粗挽き黒胡椒をふって完成。

■ 塩分 ■

ツナ缶は「いなばライトツナ」を使用。塩分は約2.4グラム(1人分)。

■ 料理メモ ■

ソースをいかにうまくからめるか。それがパスタの決め手なのだと思う。うちのフライパンはやや小さい(レミパン)。2人分を一度に作る。なかなか手際よく混ぜ合わせることができない。元のレシピにはなかったマヨネーズを加えてみたのはそのせいもある。それでもやはり、もたもたしてしまった。

味はよかった。塩気も十分だった。これでカレーパスタを名乗っても文句は言われまい。

「料理用カレー」の賞味期限は17年10月1日だった。残りは3分の1ほど。調味料って使い切れないものだな。

参照:奥薗壽子の超かんたん! [極うま]減塩レッスン(PHPビジュアル実用BOOKS)