酔いどれ介護者の減塩食日記

月末に駆け込みで記事を更新する、夏休みの小学生みたいなブログです。

新しいフライパンで「魔法の焼きそば」を作ってみた

フライパンには平野レミさん考案の「レミパン」を愛用していますが、最近、コーティングがはげてきました。チャーハンや焼きそばを作っても、こびりついちゃって大変。買ったのは2年ほど前ですが、もう寿命なのか。それとも使い方が悪かったのか。

なるほど、空焚きこそしてませんが、テフロン加工(フッ素樹脂加工)を長持ちさせるための正しい使い方が頭に入っていませんでした。

テフロン加工のフライパンを長持ちさせる方法

・空焚きや急冷をしない。
・強火で使わない。
・料理を放置しない。
・ゴシゴシ洗わない。
・要するに、やさしく扱うべし

ゴメンナサイ。ちょっと乱暴に扱ってたかもしれません。でも、はげた頭・・・じゃなくて、はげたフライパンはもう元に戻りません。ティファールの大きいのは持っていて、そいつはまだはげていないのですが、もっと古いもので柄がグラグラになってて使いにくい。仕方ないので、新しいのを買いました。

値段がリーズナブルすぎて心配なのですが、評判は悪くないし、違うメーカーのものも試してみたいしということで、これにしました。フッ素樹脂の中に人工ダイヤモンドの粉をまぶした「ダイヤモンドコーティング」なるものが使われている、アイリスオーヤマのフライパン鍋6点セット。取っ手を付けて使うタイプは初めて。でも、それを付けるとちょっとグラグラするぞ。こんなものなのかな。

アイリスオーヤマ フライパン 鍋 6点 セット レッド ガス火専用 「ダイヤモンドコートパン」 取っ手の取れる H-GS-SE6 IH非対応
by カエレバ

それに、26センチのフライパンは2人分のチャーハンや焼きそばを作るには小さいな。まあ、買っちゃったものは仕方ない。念願の卵焼き用もあるから、当分ティファールと併用で。

という訳で、母がデイケア(通所リハビリ)で留守のお昼にデビュー。おもしろい焼きそばを作ってみました。

紫キャベツで作る「魔法の焼きそば」

■ 材料(1人分)■

中華麺 1玉(原材料に「かんすい」が含まれているもの)
紫キャベツ(ざく切り) 70グラム
肉や野菜(食べやすい大きさに) 適量
塩こしょう 適量
鶏がらスープの素 4グラム
水 75ミリリットル
サラダ油 小さじ1

■ 作り方 ■

1.フライパンにサラダ油を熱して、肉と野菜を炒めて塩こしょうして取り出す。
2.同じフライパンに水を入れて、沸騰したら紫キャベツを加える。
3.紫キャベツがしんなりして、水が紫色になってきたら麺を入れて、水がなくなるまで炒める。
4.肉と野菜を戻して、鶏がらスープの素を加えてよく混ぜ合わせる。

■ 塩分 ■

鶏がらスープの素4グラムの塩分は、約1.9グラム。

f:id:ken_low:20180309220505j:plain

f:id:ken_low:20180309220520j:plain

なぜ紫キャベツを使うと焼きそばが緑色になるのか。

紫キャベツに含まれる紫色の色素は「アントシアニン」。このアントシアニンには、アルカリ性だと「青」、酸性だと「赤」に色が変わる性質があります。

中華麺には、麺のこしを出すために「かんすい」という成分が含まれています。実は、かんすいはアルカリ性。水に溶け出した紫キャベツの「アントシアニン」が、アルカリ性のかんすいに触れることで色が変化します。もともとの麺の色(黄色)と合わさることで、真っ青というよりは、青緑色になります。

出典:色が変わる!「魔法の焼きそば」を作ろう! 【クックパッド】

紫キャベツ(赤キャベツ)の葉が厚くてなかなか柔らかくなってくれず、その間に水分はどんどん蒸発していき、麺を投入するのが遅れました。多分、そのせいで魔法がうまくかかりませんでした。手際よくやれば、鮮やかな緑色になるはずです。ちなみに、酸性のレモン汁(ポッカレモン100)もかけてみました。すると、また色が変わりました。純粋なレモン汁だと鮮やかなピンク色になるのでしょう。

f:id:ken_low:20180309220539j:plain

紫キャベツは初めて買いました。こぶし半分くらいの大きさで100円ぐらい。それじゃなくても、野菜高騰の折。焼きそば的にはフツーのキャベツで十分です。でも、思いがけない副産物がありました。塩焼きそばにレモンが合うことを発見! ポッカレモンをかけた麺のおいしいこと。そう言えば、最近、調味料の塩レモンって流行ってますね。

ご存じのように、焼きそばは信号ではありません。黄色から緑や赤になったりしなくてもいいのです。次は、フツーのキャベツを使った正統派の塩レモン焼きそばを作ってみます。「魔法の焼きそば」は物好き・・・じゃなくて好奇心の旺盛な方はお試しあれ。僕は下の本を読んで知りました。

おもしろい! 料理の科学 (世の中への扉)
by カエレバ
広告を非表示にする