酔いどれ介護者の減塩食日記

料理(レシピ作り)、家庭菜園(近日開始)、クロスバイク、介護・・・与太話を交えて。

鶏肉のトマト煮~完熟トマトソースを使って未熟な料理を作る><

別にそんなにこだわっているわけではないが、食べ物は賞味期限内に平らげたい。気がつくと固形コンソメが冷蔵庫にいっぱい残っていた。こういう調味料もなかなか使い切れない。

商品モニターのトマトソースが届いた。減塩タイプの食塩、冷凍鍋焼きうどんに続く当選。できれば万馬券皐月賞を当てたかった。相変わらず一攫千金とは縁がない。でも、別口でちょこっと穴埋めができたのだから、感謝の意を込めて、鶏肉のトマト煮を作ろう。

f:id:ken_low:20180416232732j:plain

玉村豊男著「料理の四面体」という本がある。刺し身はサラダと変わらないといった料理の仕組みを実践的に解説している名著で、機知に富んだ語り口もいい。その中で最初に紹介されているのがこれに類する料理だ。

それを読んでから、何度か挑戦している。いつも失敗する。味が決まらない。でも、「トマト料理の味つけが、これひとつで決まります」という調味料だ。今回はうまくいくかもしれない。

最初にペロッと舐めてみた。う~む。いつもの要領で作ることにした。メインのトマト缶の代わりにこのトマトソースを使って、コンソメ、にんにく、砂糖、粉チーズ等で調味。

f:id:ken_low:20180416232822j:plain

鶏肉のトマト煮

■ 材料(2人分)■

鶏もも肉 200グラム
じゃがいも 1個
玉ねぎ 4分の1個
ピーマン 1個
にんにく 1かけ


トマトソース 大さじ3
A:
水 1カップ
固形コンソメ 1個
白ワイン 大さじ2
砂糖 小さじ1

オリーブ油 大さじ1
パルメザンチーズ 10グラム(大さじ2弱)
塩 1.6グラム
黒胡椒 適量
パセリ 適量

■ 作り方 ■

1.フォークで皮に穴を開けた鶏肉を一口大に切って、塩をよく揉み込む。
2.にんにくはみじん切り、玉ねぎとピーマンは適当な大きさに切る。
3.じゃがいもを適当な大きさに切り、5分ぐらい水にさらす。
4.鍋にオリーブ油を熱して、にんにくを炒める。
5.香りが出てきたら、玉ねぎ、鶏肉、じゃがいもを投入。
6.鶏肉の色が変わってきたら、Aを加える。
7.トマトソースとピーマンを入れて、じゃがいもが柔らかくなるまで煮る。
8.パルメザンチーズを加えてよく混ぜ、黒胡椒、パセリをふる。

■ 塩分 ■

約3.3グラム(1人分)・・・計算が間違っているかも。
(トマトソースの大さじ1のグラム数を次回にしっかりと測ります)

まずくはない。ネットにあるレシピもこんな感じ。先日、最近はやりのタッカルビを初めて食べた。コンビニの弁当だけど、それに比べると、これでいいのかなとも思うけど、物足りない。何かが足りない。それが何なのかが分からない。あるいは、トマトソースだけでよかったのか。

f:id:ken_low:20180416232902j:plain

ツナのコンソメパスタ

翌日の昼、コンソメを消費するために、ツナのパスタを作った。オリーブ油で玉ねぎとピーマンを炒めて、そこにパスタの茹で汁(例によって塩は入れないので、パスタのたんぱく質が溶けた?ただのお湯)をお玉一つ分加えて、コンソメ1つとツナ缶を汁ごと混ぜて、茹で上がったパスタをよく絡めて塩胡椒。これだけで、十分においしかったりする。

デルモンテさん、ごめんなさい。まだまだ料理の腕前は未熟だ。応用力がない。「料理の四面体」を読み直してみよう。

キッコーマン食品 デルモンテ 基本の完熟トマト・ソース 濃縮タイプ 200g E533082H
by カエレバ