酔いどれ介護者の減塩食日記

月末に駆け込みで記事を更新する、夏休みの小学生みたいなブログです。

庭仕事の苦しみ

軽いとはいえ腰痛持ちなので、親父の生前はおむつ交換が辛かった。せっかく、その苦しみから解放されたのに、お袋が庭をきれいにしてくれとうるさい。

確かに、いまやジャングル。ここまでひどくなると何とかしないといけない。シルバー人材センターに頼むという手もあるが、近い将来、自分がそこに雇ってもらうためのスキルを身につけることができるかもしれない。腰痛の悪化を覚悟して、庭に出ることにした。

f:id:ken_low:20180522021536j:plain

(腰の)使用前

先延ばしにしてきた理由はもう一つある。実は、虫が苦手。だんご虫とかトカゲとかクモとかハチとか尺取り虫とか、その他のへんてこな虫。人の女性の次ぐらいに恐ろしい。でも、それを怖がっていたら草取りはできない。長袖、長ズボン、眼鏡、マスク、軍手、長靴、ビール1本の重装備で臨んだ。

案の定、地面はだんご虫だらけだった(だんご虫でいいんだよなと、画像検索したら、手で・・・キャ~ッ!)。大きな石をどけたら、トカゲ?が飛び出した。もちろん、また悲鳴を上げた。ハチにも追いかけられた(ホント、何でハチってやつは追いかけてくるんだ!)。

でも、頑張った。途中で2本目のビールの力は借りたけど、半日かけて庭の雑草を一本ずつ引っこ抜き、ほぼやっつけた。ねっ、きれいになったでしょ。

f:id:ken_low:20180522021634j:plain

(腰の)使用後

と言いたいところだけど、庭の奥で白い花をたくさん咲かせているのはどくだみ。植物には疎いので知らなかったのだけど、これも雑草なのだとか。ここはあまり日の当たらない、じめじめしたところなので、手を出せなかった。除草剤の力を借りることにした。

てゆーか、除草剤って、雑草を枯らすタイプもあるのか。てっきり、雑草を抜いた後に撒いて再生を抑えるために使うものだと思ってた。買っておいたのは枯らすやつ。最初から、庭全体にそれを撒けばよかったのかも。

どくだみは可憐な花を咲かせるけど、嫌な匂いがする。何かかわいそうだなと思わなくもないが、除草剤でどれだけ退治できるものなのか、ちょっと楽しみではある。

腰はしっかり痛くなった。でも、シルバー人材センターの庭師への道の一歩を踏み出せたので、よしとしよう。庭仕事も、やってみると案外楽しい。この際だから、ガーデニングとか家庭菜園とか、やってみようかしら。

文庫 庭仕事の愉しみ (草思社文庫)
by カエレバ