酔いどれ介護者の減塩食日記

料理、家庭菜園(近日開始)、クロスバイク、介護・・・与太話を交えて。

鯖ずしに向かって走れ!~吾左衛門鮓さば

クロスバイクを駆ってタマサイを1日で走破する。これが今年の目標の一つだった。クラウディア(最初の名前はCBクロちゃんでした)に出会ったのは去年の秋。あまりの走り心地のよさから、春にはすんなりと達成できるだろうと思っていた。

ところが、春は風が強い。空気抵抗をモロに受ける。直立姿勢のクロスバイクだとなおさらだ。キツイったら、ありゃしない。多摩サイクリングロード。羽田~羽村間50キロ。行くことはできる。でも、帰ってこれないのは嫌だ。平地で遭難したくはない。もう少し体力をつけてから臨むことにした。

楽しみを先延ばしにするというのは悪くない。15、20、30キロ・・・と、少しずつ距離が延びていく。ウン十年間の酒と煙草に蝕まれた体にも、クラウディアは優しい。風がなければ、快調に進む。寄る年波にだって勝てそうな気がしてくる。

好天の日曜日だった。府中あたりまで足を延ばしてみようと思い立った。高校時代に世話になった土地だ。サイクリングロードから離れて、懐かしい町中をゆっくりと散策する。ロードバイクにはない、街乗りに適したクロスバイクならではの楽しみも味わおう。

是政橋あたりで水分補給をしようと自販機の前に立った。ポケットに手を入れると、なぜか空っぽだった。タマサイに乗った多摩大橋で、千円札で缶コーヒーを買って飲んで・・・そこで、釣り銭を取り忘れたことに気がついた。

進むべきか、戻るべきか。夏を思わせる暑い日で、すでに1時間以上経っていた。恐らく、もうないだろう。それでも、約13キロの道のりを引き返すことにした。870円が惜しかったわけじゃない。昔はこんなうっかりはしなかった。自分のていたらくがしゃくに障った。ふだん、お袋の物忘れをあれこれ責めている。それがこのありさまだ。自分を許せなかった。

俺は走った。自分を信じたくなかったから、走らなければならなかった。間に合う、間に合わないは、もはや問題ではなかった。俺は何だかひどく悲しい、小さいものために走った。

驚いた。釣り銭はあった。クラウディアはこれまでで一番の瞬間最高時速を記録した。追い風参考記録ながら、34.0キロ。走行距離も最長の42.5キロだった。

f:id:ken_low:20180606023920j:plain

f:id:ken_low:20180606020225j:plain

当選者3名のブログモニターで鯖ずしが当たった。その名も「吾左衛門鮓 さば」。肉厚のさばと柔らかい昆布、ほんのりと甘い酢飯がよく合っていて、食べごたえも十分だった。年間60万本を売り上げるという実績もうなづけるおいしさだった。

f:id:ken_low:20180606020239j:plain

人は老いる。もちろん、それなりのこと(例、クロスバイクで健康増進)はしていくつもりだ。でも、もう、あらがえないものにはあらがえない。これからは日々、小さな幸運をよすがに生きていくしかないのかもしれない。まずは、秋のタマサイ走破を目指して。

吾左衛門のモニプラ☆ファンサイト参加中