酔いどれ介護者の減塩食日記

料理(レシピ作り)、家庭菜園(近日開始)、クロスバイク、介護・・・与太話を交えて。

梅雨になったから、ダウンのベストを着て尾道のもつ鍋を食べよう!

昨日は一日中、雨だった。関東地方も梅雨入りした模様。お袋はデイケアから帰宅するや、ダウンのベストを着た。確かに、急に肌寒くはなったけど、6月になってダウンとは。

女性特有の冷え性にいいと紹介されていたが、お袋は冷え性ではなく、お年寄りに多い寒がり。生前の親父もそうで、それがあまりにもひどくて、こっちは対処に困ってしまったもの。いずれにせよ、体を温めるのにはうってつけの料理。

もつ鍋といえば博多が有名。今回のは広島は尾道の。行ったことはないけど、尾道は好印象。俺らの世代には大林宣彦の映画でなじみ深い。お取り寄せの全国のラーメン食べ比べで味わっただけだけど、尾道ラーメンもお気に入り。

でも、尾道といえば、何と言っても小津安二郎監督の「東京物語」。尾道の老夫婦が東京で暮らす子供たちを訪ねて、親子というものの幸せの悲しさを噛みしめるというお話(われながら、完璧な説明だ!)なので、このタイトル。

わが人生でいちばん泣いた映画でね。池袋の文芸坐だったかな、映画が終わってロビーに出ても、まだオイオイしてたのか、近くにいた女の人が「いい映画でしたね、このハンカチをどうぞ」なんてさ、まだ血も涙もあった昔の話。

小津さんが今の時代に生きていたら、どんな映画を作るんだろう、さすがに高齢化社会を映した物語を描いてくれるのか、それともやっぱり「豆腐屋には豆腐しか作れない」と、この期に及んでも延々と娘の縁談話の騒動を紡ぐのか・・・なんてことを考えながら、冷蔵庫から木綿豆腐を取り出して、いざ。

f:id:ken_low:20180607003500j:plain

株式会社アサムラサキ

その名も「尾道 華雷鍋(辛味もつ鍋の素)国産もつ入り」。読み方は、カライナベ。パッケージもしっかり赤い。だから、唐辛子の辛さが目玉のもつ鍋なんだろうけど、お袋は辛いのが苦手なので、まずは薬味として入っていた別袋の唐辛子(デカイ!)は使わずに。キャベツと玉ねぎときくらげと春雨と長ねぎを加えて。

f:id:ken_low:20180607003602j:plain

もつ鍋は味噌味が好きだけど、魚介だしの旨味のきいた醤油味も悪くない。お袋が食べ終わった後、唐辛子を加えると、味が引き立った。やっぱり辛さは必要だ。ご飯を入れて雑炊を試してみると、なお、おいしい! スープの味がいっそうよく分かった。おっと、これで〆ってわけじゃないよ。まだビール一本しか飲んでないし、残りは焼酎でしっかり平らげるつもりの現在進行形。

f:id:ken_low:20180607003622j:plain

ただし、難点が一つ。2~3人前にしては、牛もつがちと少ない。値段はもう少し高くてもいいから、そこさえクリアしてくれれば、オイオイ泣けちゃうくらいの幸せが味わえるんだけどなあ・・・。

アサムラサキファンサイト参加中