酔いどれ介護者の減塩食日記

料理、家庭菜園(近日開始)、クロスバイク、介護・・・与太話を交えて。

今年は、高尾山ビアガーデンでジュースを飲むために、ちょっくらトライアスロンをやってみよう!

あらま。2月になってしまった。昨年末、多摩サイ(多摩川サイクリングロード)を走破して以来、あまりクラウディアに乗っていない。遠出をしていない。運動不足の解消のために、近所を走る程度。でも、飽きたわけじゃない。単に寒いからだ。実は今年も、ひそかに大きな野望を抱いている。

多摩川の支流の1つに浅川というのがある。ここの河川敷にもサイクリングロードがある。よく整備されていて、走りやすい。日頃のホームコースとして利用している。でも、長沼橋より先に足を延ばしたことはなかった。

f:id:ken_low:20190205230826j:plain

f:id:ken_low:20190205230711j:plain
長沼橋からのカット。なかなか雄大な地形でしょ。

浅川左岸は行き止まり。ここからぐるっと支流をまたいで右岸に回って、八王子の浅川ゆったりロードに入る。先月、そこを走った。右側に見えた富士山が、気がつくと左側に見える。舗装されていない土手の下も走る。変化があって、案外面白い。そんなサイクリングロードになっている。

f:id:ken_low:20190205230855j:plain

f:id:ken_low:20190205230915j:plain

浅川の上流もこの先で2つに分かれる。野望の成就のために、北ではなく南浅川沿いにハンドルを切る。およそ東京とは思えない風情が広がる。こんな季節だというのに散歩している人が多い。むべなるかな。桜並木が続くコースだ。春になれば惚れぼれするような景色も楽しめるという。素朴で美しい公園には売店の1つもない。

f:id:ken_low:20190205230957j:plain

f:id:ken_low:20190205231025j:plain浅川サイクリングロードの上流側の終点

天気予報通り、雪が少し降ったのか。うちの周りには降らなかった。ここは遠いのか、近いのか。長沼橋から10キロ強、サイクリングロードはひっそりと呆気なく終わる。でも、ここから往来に出れば、高尾駅が目と鼻の先だ。

小学校での遠足はじめ、高尾山は何度か登っている。東京で大自然が堪能できる指折りの行楽地だ。でも、あのビアガーデンには一度しか行っていない。高尾と聞いて、まず思い出したのが絶景に感動しながら飲んだビールの味だった。ただ、今はその季節じゃない。残念ながら、まだ開店前だ。

そうだ。春になったら、また浅川を走ろう。まずは桜を見に行こう。そして、ビールのおいしい季節になったら、さらに先へ進もう。その前に、川沿いにある市民プールで泳いでもいい。久しく縁のない水泳だが、そこは子供の頃、夏休みによく通った場所だ。

一泳ぎした後、クラウディアにまたがる。2種目目の自転車ロードレースだ。そして高尾に着いたら、クラウディアを降りて、最終種目の長距離走ならぬ登山だ。目指すは山頂(近く)のビアガーデン。

まさしくトライアスロンと言っていい。この挑戦を成し遂げて飲む・・・ソフトドリンクの味はどんなものなのか。果たして、甘いのか、苦いのか。帰りには、高尾駅の駐輪場に預けたクラウディアが待っている。

酒が絡んだ不祥事の多い昨今だ。厳しい目が向けられている。去年の多摩サイ走破よりも苦しい試練になるだろう。試されるのは、俺の体力に加えて分別なのだ。我慢できるかどうか。俺なら、1杯ぐらいダイジョウブだと思うんだけどなあ・・・。*1

■参考:高尾山ビアマウント | 高尾登山電鉄公式サイト

*1:こういうのがいけないんだよね!