酔いどれ介護者の減塩食日記

料理、家庭菜園(近日開始)、クロスバイク、介護・・・与太話を交えて。

鮭の酒蒸しではないと思うけど、鮭の酒蒸しがうまくできた!

魚といえば、このところグリルで焼いてばかり。調理の方法は色々ある。たまには違うさばき方をしてみよう。ロシア産天然白鮭(甘塩)。鮭の酒蒸しをやってみた。

f:id:ken_low:20190531222000j:plain

ところが、失敗。水分が飛んで、干上がってしまった。味は悪くなかったけど、酒蒸しはもっとみずみずしくあってほしい。

一週間後、捲土重来を期して再挑戦した。宮城産生銀鮭。2切れ、358円。ちと高かったけど、「今が旬」の文字に惹かれた。

作り方は、プロの料理人のレシピを参考にした。「フライパンに昆布を敷き、鮭や豆腐などをのせ、水と酒を注いで強火にかける。煮汁をかけながら火を通し、調味料を入れてさっと煮る」。これって酒蒸し? しれっと煮るって書いてるけど。まあ、いいか。こんだけ酒や水を入れれば、少なくとも干上がることはないだろう。

再起を賭けた酒蒸しなので、材料は豆腐を加えたほかは前回と同じにした。味付けも元のレシピとは少し違うものになった。

鮭の酒蒸し

■ 材料(2人分)■

生鮭 2切れ
木綿豆腐 お好みの量
長ねぎ 6センチぐらい
しいたけ 1枚
昆布 5センチ角2枚・・・の2倍以上かなぁ
鮭の下ごしらえ用の塩

水 1.5カップ
酒 1カップ
薄口醤油 小さじ1
みりん 小さじ1
塩 ひとつまみ

■ 作り方 ■

1.鮭の重さの1%の塩をふって、1時間以上置く。
2.豆腐、長ねぎ、しいたけは適当な大きさに切る。
3.フライパンに昆布を敷いて、水気を拭き取った鮭はじめ材料すべてを入れる。
4.水と酒を注いで強火にかける。
5.5分ほど煮汁をかけながら、火を通す。
6.びっくりするくらいアクが出たので、こまめに取った。
7.薄口醤油とみりんを加えて、さっと煮る。
8.塩で味を整える。

■ 塩分 ■

薄口醤油小さじ1の塩分は1グラムで、あとは塩の量次第。

久しぶりのヒット作! めちゃうまくできた。鮭の身はふっくら。塩加減が絶妙なおつゆのうまいこと。やっぱ、だしの力だろう。昆布は真昆布。これを多めに使ったのが功を奏したのかと。

f:id:ken_low:20190531222120j:plain

唯一の難点は、鮭が収まる大きさで、おつゆもたっぷり入れられる深さの皿がうちになかったこと>< だから、おつゆをすすってなくなると、フライパンから注ぎ足して食べた。

これを鮭の酒蒸しと呼んでいいのかどうかは知らない。でも、美味しかったのだから、これが俺の鮭の酒蒸し。

■参照:さけの酒蒸し レシピ 村田 吉弘さん|【みんなのきょうの料理】おいしいレシピや献立を探そう