酔いどれ介護者の減塩食日記

料理、家庭菜園(近日開始)、クロスバイク、介護・・・与太話を交えて。

はじめてのロボット掃除機に生き方を学ぶ~Beaudensレビュー(動画付き)

ヘルパーさんは週に3日来ました。主治医のセンセの訪問診療は月1回。訪問リハビリのPT(理学療法士)さんは週1回。訪問看護師さんなんかも月に1、2度。もちろんケアマネさんも。こんな具合に、親父の生前は人がよく出入りしていました。みっともないところは見せられません。当時は、こまめに家の掃除をしていました。

ところが今は、お袋のケアマネが月に1度来るくらい。こうなるとゲンキンなものです。家が汚いことなどお構いなし。ホントはやらなくちゃいけないんだろうけど、掃除は好きじゃないし、掃除機かけるのって面倒くさいしと、ほったらかしに。月に一度未満。

そこで、ロボット掃除機のルンバを買ってみようかなと思いました。でも、これが高い。最新式のやつだと10万円以上、安いのでも3万円台。そもそも、築25年以上のボロ家です。高級なロボット掃除機なんて似合いませんが、今どきの家電も体験してみたい。そんなこんなで二の足を踏んでいたところ、Amazonのタイムセールで1万円以下で買えるロボット掃除機が目に止まりました。

値段はお手頃。購入者さんの評価も案外いい。そこそこ使えればいいやと、同価格帯の他の機種と比較することもなく衝動買い的にポチッ。2、3日後に届いたのがこれでした。

ロボット掃除機 Beaudens KK290AU-AB

f:id:ken_low:20190609212811j:plain

f:id:ken_low:20190609212901j:plain

いやん、恥ずかしい。裏側です。

f:id:ken_low:20190609212944j:plain

電源スイッチと充電用のアダプター挿し口です。

f:id:ken_low:20190609213057j:plain

簡潔なリモコン。

見たところ、ちょっと安っぽいような感じはしますが、そんなに悪くないんじゃない。早速、働いてもらいました。レビューしてみましょう。まずは、性能の比較のためにお婆ちゃんの声と動きを交えて、Beaudensの全体像を。


はじめてのロボット掃除機~Beaudensを使ってみた(1)

この掃除機には3つの掃除モードがあります。

Amazonのページでは、予約モード、スポットモード、ランダムモード。
トリセツによれば、計画モード、スパットモード、ランダムモード。
リモコンの表記では、FOCUS(モード)、AUTO(モード)、RANDOM(モード)。

三者三様、表現がビミョーに違います*1。スパットって何さ。どのモードがどう動くのか。各国語で書かれたトリセツには日本語ページもあるのですが、これまたヒジョーに分かりにくい。

FOCUS(モード)やAUTOを使えば、規則的な動きで掃除してくれるらしいのですが、それは障害物がない広い部屋でのことみたいで。「特定なモードを選択した後、最も良い掃除効果を得るため、実環境に応じて自動的に他の掃除モードに切り替わります」。動画を見る限り、最適なモードを選んで効率的に掃除しているとは思えないのですが・・・。

最先端のルンバなら、部屋の間取りや家具の配置を学習・記憶するマッピング機能なるものが備わっていて、一つの部屋を清掃して次の部屋に移動するなんて芸当もできると聞きます。もちろん、こいつにそんな高望みはしません。できません。無駄が多くとも、こつこつ働いてくれればいいかなあと。

次に吸引力を見てみましょう。「2つのサイドブラシがゴミと汚れをしっかりかき出します。内蔵HEPAフィルターが空気中の细かいホコリをキャッチ!」。吸引力の単位は「Pa」。これはゴミや空気を吸い込む圧力の単位で、1000以上あれば強い吸引力と言っていいとか。これはかなりいい線行ってるのかな、800あります。


はじめてのロボット掃除機~Beaudensを使ってみた(2)

でも、フローリングの溝に入った白い粉はあまり掻き出せませんでした。ピエールさんとか田中何とかさんなどとの同好の士にはおすすめできません。

続いて、落下防止&障害乗り越え機能を見てみましょう。「最大1.5cmの障害物を乗り越えます。自動的にギャップを検出し、階段から落ちるのを防ぎます」という触れ込み。


はじめてのロボット掃除機~Beaudensを使ってみた(3)

ご覧の通り、玄関には落ちませんでした。フローリングから畳の部屋に移動もできました。もとより、うちにはあちこちに段差解消スロープがあります。これは半身不随だった父のために施したリフォームですが、予想に反して、父は家の中を動き回ろうとしませんでした。以来、ほとんど無用の長物と化していたのですが、ロボット掃除機のおかげでやっと日の目を見ることになりそうです(何だかな~)。

巻き込み防止デザインも売り物の一つ。でも、軽いマットだとずるずる押してっちゃいます。重いマットだと上れたり、上れなかったり。カーペットの髪の毛とかは苦手です。畳なら大丈夫です。電化製品のコードにはよく引っかかります。

これでは、ロボット掃除機の名がすたります。少しはお利口さんなところが見たいものです。「障害物を突きながら掃除環境を感知します。壁や障害物に当たったら繰り返して突くのではなく、賢くバイパスします」。最後に試練を与えてみました。


はじめてのロボット掃除機~Beaudensを使ってみた(4)

確かに、ルンバのような賢さはないのでしょう。どうでも無理ってときは、へそを曲げてピタリと止まります。でも、力のあるうちは、何度壁に頭を打ちつけても、あきらめない。泥臭く、地道に、懸命に挑戦を続ける。そんな姿に胸が熱くなりました。果たして、人は最先端のルンバから何かを学ぶということがあるでしょうか。

充電時間は4、5時間。自分でしかるべき場所に戻って力を備えるなんてこともできません。そこは手を貸してあげないといけません。それでも、1回の充電でたっぷり1時間弱、働いてくれます。

まずは、見守りながら各部屋で使ってみる。つまづきそうなところが分かります。次からは、あらかじめそこを手当てしておいてやる。そうすれば、あとは一人でも立派に働くことができるはずです。

記事の最後に、息絶えるまで働いてくれた成果をご覧に入れましょう。ダイニングキッチンとリビングルーム、そして玄関を掃除してくれたあとのダストボックスです。およそ鑑賞に適した画像とは思われませんので、ここではURLのみを貼っておきます。

http://f.hatena.ne.jp/ken_low/20190609215220

どんだけ汚れていたんだよという話でもありますが、こんだけゴミやほこりを吸い取ってくれれば文句はありません。よしよし、よくやった。あとはゆっくり休んでくれ。お前がうまくできなかったところは、俺が始末しておくから。そんな気にもなろうというものです。

何年くらい持ってくれるかという問題はありますが、コスパ的には申し分ないでしょう。後日、予備のサイドブラシなどをメーカーに注文したところ、無料で送ってくれました。アフター・サービスもよさそうです。おかげで、嫌いだった掃除が楽しみの一つになりそうです。

こいつは十分に役に立ちます。おまけに、人としての生き方や機械との共存の仕方も学べます。Beaudensのロボット掃除機。細かいことは気にしない、心の広い向きには、自信を持っておすすめします!

【限定10%OFFクーポン配布中!】BEAUDENS ロボット掃除機 お掃除ロボット ロボットクリーナー 自動掃除 静音 強力吸引800pa 3モード 落下 衝突防止 リモコン
by カエレバ

*1:楽天のページではまた違いました、汗。